fc2ブログ

M31短いやつ

ちょっと組んでみました。




製品はハンドルも付きます。
作業の合間にいたずら(?)でやりましたーー~


トンプソンM1A1のボルトのバファーが足りない。
今まではハドソンさんからの金型と同時に来た物でしたが 今回のロット分には足らないのでーー~


ホームセンターでゴム板買って これから切り出して 鉄板に貼り付けて作ります。
ゴムをレーザーで切るとめちゃくちゃ臭くて さらに 切り口が真っ黒に焦げるので それを洗って・・・
何気に大変な作業です。



ウェブリーをカチャカチャ

さらなる作動を目指して 朝からマイズくんに渡して来ましたーー~




カチャカチャやって検証しています。


マイズくんはナショナルマッチの組み立てをやっていました。


シリンダーストップの作動タイミングとエジェクターの確認をしています。


近日中にもうちょっとだけ進行します。
挽物(ネジとかピンとか)はほとんど出来ていますので 作動チェックの組み立ては楽です。


帰社してからは トンプソンの部品切り出し。




自作ロフトの箱も近日中に出して ステンシルで文字入れを・・・




デカイ箱が邪魔なんで下ろしてみたら


何でひとつだけ?


浜田式は TakeFiveさんに 木曜日のお昼頃指定で発送しましたので 是非 お土産のお茶菓子を持って見に行ってくださいませーー~









浜田式 展示します

写真の浜田は 展示用にザクッと組み立てたので 作動させるとバラけてしまいます。






明日MULEから発送で 「Fake Five」 さんに展示をお願いいたしました。


発売日 価格 などなどは 全くわたしですらまだ未定ですので それらの質問はしないでくださいね。
雰囲気など鑑賞してくださいませ。


見に行った方は Take Fiveさんへの お茶くらいのお土産も よ ろ し く ーー~(笑)
見ながら 話し込むんでしょうから😋


ちなみに明日は トンプソンM1A1の部品のレーザー切り出しです。
明後日からは パーツやマガジンの刻印開始です。
夜は 箱コンテストのまとめをしたりします。
遅くなりすぎてすみません。


マイズくんは ブルドックの金型改良の為に金型と図面の入ったUSBを金型屋さんに持って行ってくれます。


みなさん 貯金開始ですよーー~


よろしくお願いいたします😊


追伸
作業場の整理をしていて もう必要の無い資料用のデコガンの一部販売をいたします。
トンプソンM1A1      UZI     MP44   とかとか他にも色々有ります。
欲しい方はメールをください。
写真は後日アップします。

浜田式部品

銃身を組み付けるフレームのインナーシャーシが届きました。
早速 フレームに組み付けてみます。


いい感じです♪♪♪


図面を見ながら 細部の検証です。




銃身とフレームは台形状で90度ひねって取り付けます。






銃身の金型はまだ出来ていません。
今回の部品の台形状の切削加工用の刃物がまだなので 銃身の出っ張りをずん胴でプリントして仮組みです。




90度ひねれるかのチェックです。




大丈夫でした🎶🎶🎶


全体がプラスチック製と きしゃなので 部分的にインナーシャーシを組み付けるのは オモチャの鉄砲以外にも多用されている技法です。
いかに上手く組み付けるか・・・
めちゃ頭を使います。
故に 上手く組み付けられた時は すんごく嬉しいものです。
こんな夜中じゃなきゃ 一杯やりたいですが
そろそろ帰って ゆっくりお風呂にします😊





トンプソンM1A1リヤサイト

今日は反射止めの加工です。
まずは 試し彫り


加工条件を探しす為にいつものように何回も彫ります。
前回のM1A1時とレーザー加工機が違うので加工条件が違う為です。


簡単な治具に乗せて




いつものように バチバチ彫ります。




位置合わせ用のピンも彫れちゃいます。


全部で200個位やります。



ちょっと恥ずかしいけど

先程 友人が見つけて送ってくれました。
40年位前になりますか。






こんな写真も有ります。
懐かしいーー~




M422A1はまだ持っています。
今年こそはナンバー取得して乗り出したいです。




夕方からこんな治具を作りました。


この流れから ジープの部品と思ってしまいますね。


マガジンチューブの支えはバレルにネジ留めになります。
いつもなら このように厚物はワイヤーカットで切り出すのですが 現在トンプソンの部品を切り出し中なので 鉄板を何枚もレーザーで切り出して積層ネジ留めしました。
あてがっているドリルの刃は バレルのセンターに向くように角度を決めています。



MGCリバイバルM31

アップル工場では マイズ君がM31の詰め(パッケージじゃ無いよ)の作業をしていました。
左側の長小判形はつるつるになります。


カートのデザインは「MGC」の部分を「CAW」にしました。


デザインのトレースはわたしが行いました。
部材もかなり出来ているので あとちょっとかな・・・
この写真の個体は組合を通して試験場に行って 検査をして 安全基準の組合規約に合格して SPGシールをもらい 発売します。
この個体はかわいそうですが 切り刻まれてしまいます。
発売は マイズからになります。


MULEはカスタムをその内やります。


これは3D CAD 図面です。
発売はまだまだ先ですよーー~

トンプソンM1A1インサート切り出し

厚さがあるので さすがにこれは ワイヤーカットで切り出しです。


水の中で切るので錆び錆びですが 加工をしてからサンドブラストをやり 焼き入れ業者さんに出します。
サンドブラスト機はトイテックさんから20年以上前に頂いた物てす。


水中で切っているところ


切りカス(スラッジ)はフィルターで濾します。
どこを切っているかはモニターで見ることが出来ます。


切れて無いように見えます?


安心してください 切れてます


ロッド棒で叩き出します。


外したら再び水の中。


切るのは わずか 0.25mmの真鍮線です。


この真鍮線と材料を電気的にショートさせて切って行きます。
電圧とかスピードなどなど シビアなセッティングをしないと ワイヤー線はブチブチ切れます。


加工中に切れてしまうと 自動的に再度 ワイヤー線を繋いでくれます。


かれこれ 20年くらい使っているので メンテナンスを頻繁にしてあげないと すぐにへそを曲げます。


加工条件とか見せちゃっいましたが・・・
まっ いいでしょう😊



M14E2

マルイ電動ガン用のストックです。


ウォルナット製で 金具が足らなくてちょっとだけ発売出来ずにいました。




金具を作り 20本ちょっとだけ販売します。


このブログのお客様はモデルガンの方が多いみたいなので このストックは全て問屋さんに販売をおまかせしました。
定価は¥48900プラス税
次回製作は 間違いなくこの価格では無理です。


今回少数ですので お買い求めはお早めにどうぞ。

ブルドック金型などなど

まずは朝からマイズくんと金型倉庫で「ブルドック」の金型を出しては中身の確認です。
この金型にはフレームとシリンダーが彫られています。




金型を開く時は要らなくなった鉄製のじょうばんに油をひいて開けます。
四方に金型の中の動くところ(スライド)が出る場合には ベタっと置いて フォークリフトなどでつり開けます。
いずれにしろ 超重たいので 細心の注意を払いながらやらないと とんでもない大怪我をします。


SAAなんかはフレームの真ん中から材料を入れていますが ブルドックは脳天からです。
こうすることにより 他の部品(これはシリンダー)などを同じ金型に入れることが出来ます。
毎回 新規金型を製作する時は 形状などなどを考慮しながら 何処から材料を入れるかを思案します。


もちろん移動にはフォークリフトを使います。




マイズくんの体重分も有るので 重たい金型をつっても前のめりになりませーー~ん。


午後からは マイズくんから頼まれたパーツの切り出しです。




切り始めの穴が何故か大きくなってしまうことが有るのですが 微調整するのが面倒なので そのまま行っちゃいます。




夕方には終わったので 引き続き これの切り出しです。




何かはわかりますよねーー~


あと1時間くらいしたら アップル工場にワイヤーカットのワイヤー交換に行って・・・
今日の作業を終わりにしたいけど 荷造りとかもたまっているし・・・


お腹空いた・・・





最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク