fc2ブログ

PPK B級品 &  「BWC」プラグリップ販売

明日 11/1の21:00 に買い物カゴをオープンいたします。








銃本体はお一人様 一丁までとしていただきました。
わからないくらいの B級品です。
グリップは何個でも OKです。
また グリップは全国のショップさんでも販売していますので 消費税 送料込みで 本体価格の¥15800とさせていただきました。



昼飯前のイタズラ&お勉強

マガジンフロアーです。








どっちがどっちでしょうーー~






ここからは3DCADのお勉強


小判型の凹みですが 実銃はおそらく ボールエンドミルか横フライス加工でしょう。
時代的に横フライス加工だと思います。
有名(?)な横フライス加工に SAAのフルートが有ります。
モデルガンの場合は金型に形状を作るので 刃物での加工は有りません。
作図する時は 色々な描き方が有りますが 今回は回転カットツールを使いました。
単純に回転カットしてしまうとーー~








ここもちょっと削れてしまいました。






削る部品を角度指定しました。


今回は刃物による後加工を考え無いで さらっと描きましたが 鋼鉄製の鉄砲を描く時は 以前も書きましたが どうやって削ったかを想像します。
それも作図の楽しみ方です。
最近 ちょっとハマりすぎですね😅
ちなみに C96の作図は10年以上前にロスでやり モデル化の為の図面整備作業は 3年位前になります。
だから ストック用の木もその頃に用意したわけです。
ガンプロ 2019  2月号のC96はわたしのやつで モデルガン作るよ~ の 軽いフェイントと言うか ジャブだったんです。
ただ この銃のモデル化は何気に大変なんですわ。


さてと事務仕事しましか 決算入力ばかりは マジマジマジ 飽きます🤣🤣🤣



コーチガン折れたーー~

11/3のイベント用に貸し出したコーチガンのストックが輸送途中に折れたーー~






先方には適当にくっつけておいて と お願いしました。


金型は年末までに全てのテストショットまでたどり着けそうと 報告を受けています。
M31のバレルの金型も同じく年末までには出来上がりそうです。


これから(すでに)は超忙しくなります🤨🤨🤨
今夜の作業はここまで
おやすみなさい😴



グリップ金型

以前何回か紹介しましたが すっかり忘れていました。
CMCの当時の金型です。








製品面が鉄じゃないのは 昔は金属とかでモックアップした物を型枠を作り 直接ベリック材とかを流し込んで型を作っていたやつかもしれません。


今は電極を銅とかカーボンで作り放電加工しますが 当時はこういう作り方も有ったみたいです。


放電加工の場合には 加工条件で微妙なサイズの変化は出来ますが この昔のやり方だと ベースのモックアップの段階で材料収縮を盛り込み作らなくてはならず 精密な部品製作には職人技が必要になります。
主に トロフィーの頭の部分とか精度の必要の無い部分で使っていたらしいです。


いずれにしろ 昔の職人さんは凄いです。


この業界も初めて精密なおもちゃの鉄砲を作り始めた大先輩達は凄いと思います。
インナー発火BLKの発案者の方は最近お亡くなりになりました。
凄く人当たりの良い 素晴らしい人でした。
イベントに顔を出してはわたしみたいな奴にもひたしげに話しかけてくれて。


もうちょっとして時間が出来たら MGCの会長のところに泊まりに行ってこよっと🎶🎶🎶😊😊😊





コーチガン貸し出し展示

11/3のイベントに展示したいので貸し出し要望があったのでこれから荷造りです。








量産パーツと3Dプリントのごちゃ混ぜですので 乱暴に触らないでくださいね。
彼女を触るように 優しくね。
女房を扱うようにはしないでね😋😋😋


えっ わたしは どっちにも優しいです😘



気になると止まらない

C96の3D化が プリントして なんか違うぞ🤨🤨🤨
気になり始まると 忘れない内に微妙な手直しをしてはプリントしちゃう。
例のスイープカットです。
空中原点は採寸しきれないので こちら(日本)で微妙に探る作業をします。




真ん中は全くNG


違う🤨




これだんべ  でも 手に取ってよーー~く見ると 違う。


気がつけば






今やTakeFiveさんがもらってくれるのでありがたいです。
今日も写真以外のやつを発送しました。
東京近郊の方は見に行って楽しんでください。


今も手直ししたのを プリント中です。






ストックの合わせにはここまでの寸法の詰めは必要無いですが・・・
わかるでしょ
ハマっています😊


今日の昼間は 川口のプレス屋のじっちゃんと ストックの蝶番の打ち合わせを電話でしました。
さすがに蝶番のプレス型は自作は出来ません。
ベテラン職人さんと話すと勉強になるし楽しい。


決算入力仕事が有るので しばらくは22:00以降にCADをやることにしています。
寝るまで 数字だらけです🤣🤣🤣





PPKグリップ

BWCさんにお願いしてグリップを作ってもらいました。
少数ですが入荷しましたので 後日 買い物カゴにアップします。










この前の 「B品」 も同時にアップしますね。

プリント失敗

働き者のプリント君が久しぶりにちょっとだけへそを曲げました。






つなぎ目のちょっと先がずれています。






リヤサイトベースのところに穴がある。






接着しました。






右側の2つは天地を逆にしないと ブレたんでしょうね。
外形をさらに手直しして現在プリント中です。
これが重ければ 自分だけのモデルガンが出来るんですが とにかく 軽くて弱いです🤣🤣残念🤣


これも TakeFiveさんにあげちゃいましょう。


あっ 外形はまだ完成形ではないですから。


パーツから全て終わったら これの次にプリントするのは決まりました。
まだ内緒です🤫🤫🤫



口径違い

22:00頃からちょっとだけ図面を仕上げるつもりがこんな時間になってしまった。






図面描きは楽しい反面 時間を忘れてしまう。


帰宅して寝まーー~す。



楽器号

マシーンはヤマハ‼️






今時のバイクは昔と色々と違います。








後方排気です。
だからか シリンダーは前傾では無く後傾です。
どんな利点が有るのかは⁇⁇






体重移動をしやすくする為にタンクキャップはシート前方を外します。
その前にはエアクリーナーがあります。


で ちょっとだけ、鉄砲ネタ


今迄色々な実銃を採寸していましたが 1番ビチビチに出来ていたのは ボーチャードでした。
意外と手作業的なのが多いのが レミントン。
では C96は?
手作業的な部分はほぼ無かったと思います。
当時の鋼鉄製の銃の図面を描く時は どのように刃物で加工したかを考えながら描くのですが C96もここはどうやって加工したの⁇⁇ という箇所がありました。
銃を設計 製作する我々の内でもゆうめい(?)な不思議加工は トレンチガンM97のレシーバーの中の溝です。
うんちくはこれくらいにして。


では 行って来まーー~す







最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク